市場ニュース

戻る
2018年06月28日11時41分

【市況】東京株式(前引け)=米株安受け続落も売り一巡後は下げ渋る

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 28日前引けの日経平均株価は前営業日比94円19銭安の2万2177円58銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は6億8334万株、売買代金概算は1兆625億3000万円。値上がり銘柄数は438、対して値下がり銘柄数は1586、変わらずは62銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は、前日の米株安を受け広範囲に売りが先行した。トランプ政権が中国企業による対米投資の抑制について、米財務省管轄の対米外国投資委員会を活用すると伝わったことは、これまでの強硬姿勢の軟化を意識させプラス材料だが、米中貿易摩擦懸念は引き続き買い手控え材料となっている。全般は先物主導で振り回される形だが、前引けにかけて先物に買い戻しが入り、日経平均も下げ渋っている。

 個別ではソニー<6758>、トヨタ自動車<7203>が買い優勢、出光興産<5019>も上昇した。東京エレクトロン<8035>もしっかり。テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>が値を飛ばしたほか、日本新薬<4516>が大幅高、アイビーシー<3920>、USEN-NEXT HOLDINGS<9418>も大きく上昇した。半面、ソフトバンクグループ<9984>が軟調、キーエンス<6861>も下落した。スタートトゥデイ<3092>、ニトリホールディングス<9843>なども安い。フリービット<3843>、ハイデイ日高<7611>が急落、シグマクシス<6088>、レーザーテック<6920>も売られた。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均