市場ニュース

戻る
2018年05月23日19時01分

【材料】ソルクシーズ---資本業務提携先 エーアイが東証マザーズ上場へ

ソルクシーズ <日足> 「株探」多機能チャートより

ソルクシーズ<4284>は23日、同社の資本業務提携先であるエーアイ(本社:東京)が東証マザーズ上場を承認されたと発表した。上場日は6月27日である。

エーアイは2003 年の創業以来、「音声技術で拓く21世紀の文化」を目指し独自のコーパスベース音声技術による音声合成ソリューションの開発実績を積み重ねてきた。そのソリューションの品質と幅広い利用の可能性は、顧客および同業他社から高い評価を受けている。

ソルクシーズは、2007 年7月に資本業務提携を締結し、事業・営業面での支援を担っている。一方、エーアイはソルクシーズの成長戦略の一つである“ストック型ビジネスの拡充”に対し貢献するべく、数多くの音声合成ソリューションの開発を推進してきた。

昨今では、スマートスピーカー(AI スピーカー)「AISonar」の開発や欧州最大手の音声合成企業Acapela Group(本社:ベルギー)と協業契約を締結するなど著しい成長を遂げており、日本の音声合成技術を牽引する企業として、今後の成長が期待されている。

《MW》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均