市場ニュース

戻る
2018年05月21日13時30分

【材料】マネックスG---反発、ロシアとイラン、仮想通貨の活用を協議との報道を材料視にも

マネックスG <日足> 「株探」多機能チャートより

マネックスG<8698>は反発。高値圏での推移が続いており、25日線が支持線として意識されている。なお、ロシアとイランは、西側諸国からの制裁措置を回避するため、仮想通貨を使い始めるかもしれないとロシアRBCが両国の会談内容として伝えている。米ドル立て取引を回避する有望な方法として、仮想通貨に言及したもよう。仮想通貨関連への手掛かり材料として意識されそうだ。
《HH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均