市場ニュース

戻る

【材料】澁谷工業<6340>のフィスコ二期業績予想

渋谷工 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月18日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

澁谷工業<6340>

3ヶ月後
予想株価
4,000円

飲料用充填装置国内首位。iPS細胞に絡んだ再生医療機械装置も手掛け、細胞培養アイソレータ、ロボット細胞培養システム、バイオ3Dプリンターを展開。18.6期中間期は増収・増益。通期営業利益は89億円を計画。

前年の大口案件剥落も、12月末受注残は566億と豊富。食品用プラントは老朽化更新や集約化で国内調味料メーカーへの納入が増加。半導体製造装置は中国・韓国向けが増勢。切断加工機も好調。株価は底打ち反転間近か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.6期連/F予/95,000/8,900/9,200/6,500/234.90/40.00
19.6期連/F予/96,500/9,000/9,300/6,600/238.50/40.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/18
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均