市場ニュース

戻る

【材料】◎27日前場の主要ヘッドライン

・サイバーはストップ高で上場来高値、ゲーム子会社と任天堂の業務提携など好感
・平和不は大幅反発、自社株買いと今期増配見通しを好感
・明星工業が上昇加速、18年3月期営業利益62.5億円と従来予想に25%上乗せ
・ファインデックス急反発、第1四半期営業益82%増で上半期計画進捗率81%
・OLCは堅調な動き、19年3月期営業利益は3%増で2期ぶり最高益へ
・サンヨーHがストップ高カイ気配、日本アジアGのTOB発表で急動意
・京セラは急反騰、製造原価低減と生産性向上で19年3月期は営業利益61%増を見む
・さくらインターネットが大幅高で6日続伸、19年3月期最終86%増益予想を評価
・アドバンテスト続急伸、半導体テスタ活況持続で19年3月期は営業利益41%増へ
・ネットワンが一時18%高と急騰、今期業績上振れ着地で来期も大幅増益と増配計画
・レッグスはS高、第1四半期経常益6.5倍で上半期計画進捗率99%
・任天堂は反発、19年3月期は営業利益26%増を見込む
・コマツが3日ぶり反発、中国向け建機など伸長見込み19年3月期は営業利益24%増
・FDKの戻り足に弾み、19年3月期増収増益見通しでリチウム電池需要などに期待感
・ファナックがウリ気配スタート、中国向け鈍化で19年4月期は営業利益34%減を予想
・アンリツがカイ気配、19年3月期営業利益34%増予想と大幅増益基調継続

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均