市場ニュース

戻る
2018年03月15日13時39分

【材料】ティーケーピー---横浜の「横浜MKビル」一棟を貸会議室にコンバージョン

TKP <日足> 「株探」多機能チャートより

ティーケーピー<3479>は15日、横浜駅から徒歩6分の「横浜MKビル」一棟を貸会議室にコンバージョンし、「TKPガーデンシティPREMIUM横浜西口」として開業すると発表した。開業は5月21日を予定している。

「TKPガーデンシティPREMIUM横浜西口」は、JR・私鉄・地下鉄の計11線6社局乗り入れる横浜市のターミナル駅である横浜駅から徒歩6分に位置しており、12名から228名までの全23室、全1,755名を収容する大小の会議室を備える。また、「横浜MKビル」一棟全てを、空間再生流通の一環でTKP貸会議室ハイグレードブランドの「ガーデンシティPREMIUM」として運営する。会議や研修だけでなく、懇親会、イベントなど顧客の多目的な利用用途に対応が可能としている。

今回の出店により、横浜市エリアにおける同社の施設は、全10拠点・総室数94室・総座席数8,721席の規模となる。横浜ランドマークタワー25階の「TKPガーデンシティPREMIUM横浜ランドマークタワー」や4月9日に開業を予定している「TKPガーデンシティPREMIUMみなとみらい」をはじめとしたカンファレンス施設に加え、2018年6月にはエリア初となる宿泊施設「アパホテル<TKP京急川崎駅前>」の開業を控えている。

同社は、「日本の会議を良くしたい」をテーマに、各主要都市や未出店地域において、利便性の高い機能的なオフィスビルやランドマークとなるビルやホテルへの出店を積極的に進めている。今後も、国内ネットワークの更なる拡充を図り、付加価値を加えた快適な「場」「空間」「時間」を創出する空間再生流通事業において、事業領域の拡大を図る考え。

《MW》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均