市場ニュース

戻る
2018年03月15日11時47分

【材料】◎15日前場の主要ヘッドライン

・海運株は軒並み安、米中貿易摩擦への懸念を嫌気し業種別値下がりトップ
・キーウェアが大幅高で4ケタ大台目前、AI関連分野への展開期待で物色人気
・イオンファン大幅高、グリーと子ども向けVRゲームを日本と中国で稼働開始へ
・コマツなど中国関連株が安い、米中貿易摩擦の激化を懸念
・J・TECは一時13%高、朝の報道番組で紹介
・アイレックスが戻り足強める、5G商用化前倒しでビジネスチャンス拡大
・LINK&Mは上場来高値を更新、国内有力証券が目標株価を1400円に引き上げ
・富士山マガジンがストップ高カイ気配、電通との合弁会社設立を好感
・ユビキタスは急動意、量子コンピューター関連で人気素地
・アルファクスFSが連日のS高、超コンパクトセルフレジ精算機の4月発売を引き続き材料視
・クスリのアオキHD急反発、第3四半期営業益5%増で通期計画進捗率82%
・アクセルMがS高カイ気配、ブロックチェーン技術を活用したオンラインエンターテインメント事業に参入
・ヤーマン急騰、第3四半期営業利益は6増増で通期計画を超過達成
・ソーバルが大幅高で7連騰、組み込みソフト開発好調で1カ月半ぶり上場来高値更新
・ストリームが急騰、19年1月期営業利益2.2倍予想を材料視
・岡村製は大幅反発、退職給付制度改定益計上で18年3月期最終利益・配当予想を上方修正
・アンジェスは大幅高、動脈硬化症DNAワクチンに関する米国特許を取得

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均