市場ニュース

戻る
2018年03月14日16時48分

【通貨】仮想通貨取引所バイナンス、分散型取引プラットフォームを開発【フィスコ・ビットコインニュース】


世界で最大の取引規模を誇る仮想通貨取引所バイナンスが13日、分散型の取引プラットフォーム「バイナンス・チェーン」を開発していることを発表した。

現在、仮想通貨取引所の多くは、中央集権型のプラットフォームによって運営されている。仮想通貨の送金に必要な秘密鍵と呼ばれる暗証番号のようなものを中央管理者に預けて取引を行うため、内部不正やハッキング被害のリスクが大きい。

一方、分散型のプラットフォームでは、中央管理者は存在せず、ブロックチェーン上で個人間で取引を行う。取引所の形態としてまだ主流派ではないが、秘密鍵を個人の管理下におけることから、安全性や透明性の高さが評価され、次世代型取引所として注目されている。

バイナンスは先週、同社を対象に大規模なフィッシングと窃盗の試みがあったことを明らかにした。11日には、ハッカーの逮捕につながる情報に25万ドル(約2700万円)相当を仮想通貨で支払うことを発表した。また、今後の懸賞金のために1000万ドルを引き当てたと発表し、サイバー攻撃への対応を強化している。バイナンス・チェーンの開発もその一環となる。

バイナンス・チェーンの基軸通貨として、同社が発行するバイナンスコイン(BNB)が使われることが発表されたことを受け、BNBの価格は直近の24時間で27%急騰している(16時45分時点、Coin Market Capより)。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均