市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):シーイーシー、サンバイオ、ソースネクス

シーイーシー <日足> 「株探」多機能チャートより
■シーイーシー <9692>  3,735円  +515 円 (+16.0%)  本日終値  東証1部 上昇率2位
 13日、シーイーシー <9692> が決算を発表。18年1月期の連結経常利益は前の期比11.7%増の38.1億円で着地。続く19年1月期も前期比10.0%増の42億円に伸び、16期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。前期はセキュリティソリューション「Cyber NEXT」が好調だったほか、工場IoTプラットフォーム「Facteye」の受注も伸びた。今期は注力事業であるスマートファクトリー、セキュリティサービスを強化し、6期連続の増収を目指す。併せて、今期の年間配当は前期比10円増の50円に増配する方針としたことも買いに拍車を掛けた。創立50周年記念配当10円を実施する。

■EIZO <6737>  5,660円  +705 円 (+14.2%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率3位
 13日、EIZO <6737> が18年3月期の連結経常利益を従来予想の75億円→96億円に28.0%上方修正。増益率が5.6%増→35.1%増に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。オフィス用や医療用などのモニターの販売が好調で、売上が計画を上回ることが寄与。商品構成の良化や対ユーロでの円安効果なども上振れの要因となる。

■サカタインクス <4633>  1,612円  +112 円 (+7.5%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
 サカタインクス<4633>が大幅高で4連騰。13日の取引終了後、4月9日出荷分からグラビアインキ製品を1キログラム当たり45~60円値上げすると発表しており、採算改善への期待感から買いが入った。主原料である顔料が、中国の環境規制強化により供給量減少を招き、需給バランスが逼迫して高騰していることに加えて、原油・ナフサ価格高の影響を受けて樹脂・溶剤なども上昇していることなどから、値上げを余儀なくされたとしている。

■丹青社 <9743>  1,280円  +82 円 (+6.8%)  本日終値
 丹青社<9743>は大幅高で4日続伸。同社は13日取引終了後、19年1月期の連結業績予想を発表した。売上高は790億円(前期比5.1%増)、営業利益は47億円(同2.4%増)、最終利益は32億3000万円(同0.3%増)を見込んでいる。新たに策定した中期経営計画(19年1月期~21年1月期)に基づき、市場の活性化が見込まれる中期経営計画期間中の需要急増を確実に取り込むとともに、2020年以降の環境変化にも対応できるよう、引き続きデザイン力の向上、生産基盤の強化、先端コンテンツ応用演出の強化、安全・高品質の追求、働き方改革および生産性の向上の5つのテーマに取り組み、持続的な成長と更なる企業価値の向上に努める。なお、中期経営計画最終年度の主な業績目標は、売上高875憶円、営業利益61憶円、経常利益62憶円、最終利益42憶円、1株利益87.30円としている。なお、18年1月期連結決算は、売上高751億5600万円(前の期比6.2%増)、営業利益45億8700万円(同16.7%増)、最終利益32億2100万円(同22.7%増)だった。

■サンバイオ <4592>  4,340円  +240 円 (+5.9%)  本日終値
 サンバイオ<4592>が7連騰。13日の取引終了後、再生医療等製品の受託製造事業を行う日立化成<4217>と、サンバイオが独自開発している「SB623」の製造に関する業務提携で合意したと発表しており、これを好感した買いが入った。「SB623」は、中枢神経系疾患を対象に神経機能の再生を促すと期待される再生医療等製品で、慢性期脳梗塞を対象とした開発では米国でフェーズ2b臨床試験を実施。また、慢性期外傷性脳損傷を対象とした開発では日米グローバル治験としてフェーズ2臨床試験を進めている。今回の提携により今後は、日立化成および同社米子会社が保有する製造施設で、日本と米国市場向け「SB623」の後期臨床試験用および市販用製品を製造することになる。また、同時に発表した18年1月期連結決算は、売上高4億9000万円(前の期比48.3%減)、営業損益43億7800万円の赤字(前の期19億3200万円の赤字)、最終損益39億4000万円の赤字(同18億3500万円の赤字)だった。売り上げ計上を見込んでいた共同開発にかかる開発協力金収入の一部が、今期計上にずれ込む見込みとなったため、従来予想の営業損益39億4500万円を下回って着地した。なお、19年1月期業績予想は、売上高10億2500万円(前期比2.1倍)、営業損益35億4000万円の赤字(前期43億7800万円の赤字)、最終損益25億6400万円の赤字(同39億4000万円の赤字)を見込んでおり、赤字幅縮小見通しであることも好材料視されたようだ。

■ソースネクスト <4344>  777円  +37 円 (+5.0%)  本日終値
 ソースネクスト<4344>は急伸。この日、成田・羽田・関西の3空港で通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」のレンタル受付を15日に開始すると発表しており、これを好感した買いが入った。「POCKETALK」は、世界50言語以上に対応した、手の平サイズの通訳機。今回のレンタル受付は、日本各地の空港で旅行客向けの携帯電話やWi-Fiルーターのレンタルを行うJALエービーシー(東京都中央区)を通して行われ、JALエービーシーの運営するカウンター(成田空港、羽田空港、関西空港10カ所)で海外旅行へ出かける、または海外から訪れる旅行客向けに、日額800円(税込)でレンタルするとしている。

■ジャパンミート <3539>  1,889円  +89 円 (+4.9%)  本日終値
 ジャパンミート <3539> [東証2] が大幅続伸。13日に発表した18年7月期上期(17年8月-18年1月)の連結経常利益が前年同期比5.4%増の25.7億円に伸びて着地したことが買い材料視された。同社は食品スーパー「生鮮館」「卸売市場」「肉のハナマサ」「パワーマート」を展開している。上期は繁忙期である年末商戦が好調に推移したことに加え、前期に出店した5店舗の採算が改善し、増益を確保した。第1四半期の同利益は19.6%の減益だっただけにプラスに転じたことが好感されたようだ。なお、通期計画の42.4億円に対する進捗率は60.8%となった。

■夢真ホールディングス <2362>  1,283円  +58 円 (+4.7%)  本日終値
 夢真ホールディングス<2362>が反発。13日の取引終了後に発表した2月度の月次速報で、建築技術者派遣事業の売上高が前年同月比30%増の24億6200万円となったほか、営業利益が同70%増の4億4700万円と大幅増益となったことが好感された。引き続き稼働人数の増加や派遣単価の上昇により売上高が増加した。また、強い需要を背景に高稼働率を維持したことで粗利益率が前年同月比2.4ポイント改善したことに加え、コスト管理により販管費は微増にとどまったことから、大幅増益となった。なお、2月度の技術者採用は222人で、17年10月~18年2月累計では1151人となり、年間計画2500人に対して、堅調に推移しているという。

■オープンハウス <3288>  6,720円  +140 円 (+2.1%)  本日終値
 オープンハウス<3288>は3日続伸。SMBC日興証券が13日付で、投資評価「1」、目標株価8200円で新規にカバレッジを開始したことが好材料視されたようだ。同社は、都心エリアにおけるコンパクトサイズの木造3階建ての分譲戸建事業をメーンビジネスに業容を急拡大しているが、同証券では競争優位性が高く、他社の追随は難しいと評価。同事業のマーケットシェアは、メーンの東京23区でも約9%と高くなく、パワービルダーの飯田グループホールディングス<3291>が全国で30%超のシェアを有していることなどを考慮すれば、同社シェアにも大きな伸長余地があると予想している。また、同社では17年11月に初となる中期経営計画を発表し、今後3年間で60%の営業増益を計画しているが、同証券では会社計画を上回る高水準の成長実現は十分可能とみており、18年9月期営業利益予想を473億4500万円(会社予想447億円)、19年9月期を同547億2800万円、20年9月期を同638億4400万円と予想している。

■SFPホールディングス <3198>  1,909円  +38 円 (+2.0%)  本日終値
 13日、SFPホールディングス <3198> [東証2]が発行済み株式数の12.8%にあたる376万7581株の自社株を消却すると発表したことが買い材料。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。消却予定日はは3月22日。

株探ニュース

日経平均