市場ニュース

戻る
2018年01月17日12時20分

【特集】「ロボット」関連の人気上昇、中国中心に「爆買い」の様相で関連銘柄へ関心高まる<注目テーマ>

ファナック <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 電線地中化
2 全固体電池
3 人工知能
4 電気自動車関連
5 仮想通貨
6 カジノ関連
7 ブロックチェーン
8 ロボット
9 量子コンピューター
10 半導体

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ロボット」が8位となっている。

 今年に入り、改めて人気が高まっているテーマの一つだ。ファナック<6954>は16日まで8連騰となったほか、安川電機<6506>も下げたのは10日の1日のみで、関連銘柄への物色人気が高まっている。

 産業用ロボットの需要が好調なことがこの背景にある。中国を中心に人手不足や賃金高騰で工場の自動化ニーズが拡大。昨秋には需要の失速懸念もささやかれていたとは思えないほど、今では「爆買い」の様相を呈しているという。

 日本ロボット工業会は12日、18年の産業用ロボットの生産額(非会員を含む)が前年比で1割増え、初めて1兆円に達する見通しだと発表した。また、ロボット市場は当面、年15%成長が期待できるとの見方もあり、業界は好況を享受しそうだ。

 前述の2銘柄のほかにも、新興市場におけるロボット関連の代表格ともいえるハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>、ヒーハイスト精工<6433>なども今週に入って堅調な動きとなっており、関連銘柄からは当面、目が離せない状況のようだ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均