市場ニュース

戻る
2018年01月11日12時20分

【特集】「カジノ関連」に再脚光の予感、通常国会でIR実施法案を審議予定<注目テーマ>

インタライフ <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 全固体電池 
2 人工知能 
3 仮想通貨 
4 電気自動車関連 
5 半導体製造装置 
6 ブロックチェーン 
7 量子コンピューター 
8 半導体 
9 ロボット 
10 リチウムイオン電池

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「カジノ関連」が16位となっている。

 カジノを中心とする統合型リゾート(IR)を解禁するIR推進法(カジノ法)が2016年12月に成立した。実際に設置可能となるのは「IR実施法案」の成立以降となるが、政府・与党は22日召集予定の通常国会で同法案を審議する見込み。誘致活動は今後さらに活発化するとみられ、和歌山県は15日にIRシンポジウムを開催する予定となっている。

 こうした動きを受けて関連銘柄への関心が再び高まりそうで、アミューズメント施設などの内装工事を請け負うインターライフホールディングス<1418>、グループ会社がカジノ用ゲーミングマシンの開発・販売を行っているピクセルカンパニーズ<2743>、カジノ施設向け電子決済ソリューションを手掛けるテックファームホールディングス<3625>、遊技機用カード大手のゲームカード・ジョイコホールディングス<6249>、紙幣鑑別機などを製造する日本金銭機械<6418>、メダル計数機大手のオーイズミ<6428>、貨幣処理機大手のグローリー<6457>などが注目される。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均