市場ニュース

戻る
2017年12月11日17時43分

【市況】明日の株式相場見通し=達成感から利益確定売り、短期急騰の反動で軟調推移

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 あす(12日)の東京株式市場は、きょうまでの3日続伸による大幅上昇や、約1カ月ぶりに終値ベースの日経平均株価が年初来高値を更新したことによる達成感から、利益確定の売りが先行する展開となりそうだ。

 市場関係者からは「きょうまでの3日続伸で、日経平均株価は合計761円と短期間に急騰をみせた。きょうの終値は前週末比127円65銭高の2万2938円73銭と高値引けで3日続伸し、11月7日以来ほぼ1カ月ぶりに終値ベースの年初来高値を更新した。これにより、目先的な目標達成感が浮上する可能性もある。また、FOMC開催に関連して外国為替市場で円相場が波乱展開となる可能性もある」との見方が出ていた。

 11日の東京株式市場は買い優勢で始まり、途中日経平均株価は値を消してマイナス圏に沈む場面もあったが、物色意欲は強く後場に買い直され高値引けとなった。

 日程面では、戸建ての空き家を中心に買い取り、リフォームにより再生して販売する中古住宅再生事業のカチタス<8919>が東証1部に、居酒屋「屋台屋博多劇場」、「こだわりもん一家」などの運営や、ブライダル事業を手掛ける一家ダイニングプロジェクト<9266>が東証マザーズ市場に、それぞれ新規上場する。

 このほかに、11月の国内企業物価指数、10月の第3次産業活動指数に注目。海外では、米公開市場員会(FOMC、13日まで)、米11月の財政収支、気候変動サミットが焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均