市場ニュース

戻る

【市況】トレードマスターラボの日経先物大作戦 (10月20日)

トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己

 日経先物はナイトセッションでの調整終了!?

 19日の米株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が小幅続伸し、終値での最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)の次期議長人事を巡り、パウエルFRB理事が最有力候補と伝わったことを受け、引け間際に上げに転じた。

 昨日ナイトセッションでの日経先物は、日中の安値を更新し一時2万1210円を付ける場面もあったが2万1320円まで戻って引けている。

 ”調整終了!?”

 2万1000円付近までの“調整”をしてくるのか、それとも押し目買い継続となり2万2000円を目指してくるのかに注目したい。

 ドル円は、113円台を割り込み112円台半ばで推移中。

 さて、本日の日経先物は、2万1300円台で寄り付くことが想定され、上値、下値ともに限定的な動きとなりそうだ。

 上値は2万1350円を持続的に回復維持できれば再度2万1400~2万1460円を示現、下値は2万1250円を割り込むと2万1210円を示現する可能性。

【今日の独り言】

 本日の日本時間の日経先物の動きは、ボックス地合いとなりそうな動き。上値も下値も限定的となりそうやなぁ。

 “2万1350円からの売り目線だった”日経先物は、買い持ち、売り持ちあれば、本日にポジションを軽くしておくことが無難っぽいなぁ。

 2万1500円付近の売りだけを残して。

 個人的には、“2万1000円までの調整”が入ってほしいけど、日本時間にはとどきそうにないので、今日は買われたら売り、売られたら買いで小幅利食いが良いんちゃうかなぁ。


◆トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己
2017年4月トレードマスターラボ株式会社設立。株式会社みんかぶ運営の「トレードマスター225」では「トレードマスターM」の名前でメインMCとして登場している。

株探ニュース

日経平均