市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 コシダカHD、アイケイ、ヒトコム (11日大引け後 発表分)

コシダカHD <日足> 「株探」多機能チャートより

 11日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 コシダカHD <2157>   ★今期経常は15%増で16期連続最高益、4円増配へ
 ◆17年8月期の連結経常利益は前の期比35.2%増の63.5億円に拡大して着地。続く18年8月期も前期比15.0%増の73億円に伸び、16期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期も女性専用フィットネス「カーブス」の店舗網を拡大するほか、カラオケ店は首都圏を中心に出店を継続する。
  業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比4円増の40円に増配する方針とした。

 インタライフ <1418> [JQ]  ★上期経常を74%上方修正
 ◆18年2月期上期(3-8月)の連結経常利益を従来予想の1億6200万円→2億8200万円に74.1%上方修正。増益率が2.4倍→4.1倍に拡大する見通しとなった。上期業績の上方修正は7月に続き、2回目。主力の工事事業で原価低減が進み、採算が改善したことが利益上振れの要因となった。

 アイケイ <2722> [JQ]  ★上期経常を2.8倍上方修正、通期も増額
 ◆18年5月期上期(6-11月)の連結経常利益を従来予想の1.4億円→4.1億円に2.8倍上方修正。インターネット・テレビ通販で雑貨や化粧品の販売が好調で、売上が計画を15.1%も上回ることが利益を押し上げる。
  上期増額分を下回る形で、通期の同利益も5.9億円→7.5億円に27.1%上方修正。増益率が6.5%増→35.4%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 ヒトコム <3654>   ★今期経常は35%増で2期ぶり最高益、2円増配へ
 ◆17年8月期の連結経常利益は前の期比9.7%減の25.3億円になったものの、続く18年8月期は前期比34.8%増の34.2億円に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期は6月に子会社化したEC業務支援を手掛けるビービーエフの業績上積みなどが収益を押し上げる。
  併せて、今期の年間配当は前期比2円増の15円に増配する方針とした。

 SHIFT <3697> [東証M]  ★今期経常は82%増で2期ぶり最高益更新へ
 ◆17年8月期の連結経常利益は前の期比22.7%減の4.4億円になったが、従来予想の2.8億円を上回って着地。続く18年8月期は前期比81.8%増の8億円に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。前期はコスト削減が進んだうえ、子会社の業績が改善したことで上振れ着地した。今期は金融、流通などのエンタープライズ領域を中心にソフトウエアテストの受注が拡大し、46.8%の大幅増収を見込む。

 昭和システム <4752> [JQ]  ★上期経常を最高益に34%上方修正
 ◆18年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の2.1億円→2.8億円に34.3%上方修正。増益率が18.6%増→59.3%増に拡大し、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。主力のソフト開発の受注が堅調に推移する中、採算を重視した受注に加え、生産性向上やコスト削減を進めたことが利益上振れの要因となった。

 三光合成 <7888> [東証2]  ★6-8月期(1Q)経常は3.2倍増益で着地
 ◆18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は前年同期比3.2倍の5.5億円に急拡大して着地。タイや欧州向けに自動車用内外装部品の受注が大きく伸びたことが寄与。生産性向上や原価低減の進展に加え、円安による為替差損の減少も大幅増益に貢献した。

株探ニュース

日経平均