市場ニュース

戻る

【市況】10時35分時点の日経平均は53円高、ソフトバンクGが日経平均を支える

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時35分時点の日経平均は前週末比53.77円高の20744.48円。TOPIXは前週末比1.17pt高の1688.33pt。

東証1部の売買代金トップは任天堂<7974>。その他、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、キーエンス<6861>、リクルートHD<6098>、日本郵政<6178>などがランキング上位に続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり1201銘柄、値下がり731銘柄。値上がり率上位銘柄は、アルテック<9972>、ダントーHD<5337>、パソナ<2168>、モリテック<5986>、フルキャストHD<4848>など。

ソフトバンクG<9984>が2%を超える上昇となり、日経平均を大きく押し上げている。加えて、前週末に業績予想の上方修正を発表したアルテック<9972>や決算を発表したパソナ<2168>などに関心が向かっているようだ。また、引き続きEV関連としてモリテック<5986>や双信電機<6938>、安永<7271>なども注目を集めている。そのほか、野村証券が投資判断「バイ」で新規カバレッジを開始したフルキャストHD<4848>などにも物色が向かっている。

《DM》

 提供:フィスコ

日経平均