市場ニュース

戻る

【材料】大塚HDはしっかり、国内大手証券が投資評価を「1」へ引き上げ

大塚HD <日足> 「株探」多機能チャートより
 大塚ホールディングス<4578>が全般安のなかで堅調が目立つ。SMBC日興証券が5日付で投資評価を「2」から「1」とし、目標株価を5000円から6000円へ引き上げたことが好材料視されている。

 同証券では、16年12月期本決算の内容を踏まえて業績予想を見直しており、17年12月期営業利益予想を1190億円から1240億円へ、18年12月期を同1330億円から1470億円へ引き上げた。のれん償却(約100億円)消滅と持ち分法投資利益(約150億円)が営業利益にプラスに働くことなどを考慮したという。また、非定型抗精神病薬エビリファイ(経口)の欧米での特許切れの影響が一巡した16年12月期業績をボトムに、新薬を成長ドライバーに再利益成長が期待できると評価している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均