市場ニュース

戻る
2017年03月22日07時28分

【市況】NY原油:続落で47.34ドル、米国株安や原油在庫増加懸念が影響


NY原油先物4月限は続落(NYMEX原油4月限終値:47.34↓0.88)。47.23ドルから48.73ドルのレンジで推移(時間外取引含む)。米国の週次統計で原油在庫の増加が見込まれており、供給過剰懸念が引き続き重しとなった。為替市場で、ドルが主要通貨に対して弱含んだものの、米国株の大幅下落などが影響したことでドル安による割安感は下支えとならず。なお、4月限は本日が最終売買日となる。

チャートでは、200日移動平均線(48.6ドル水準)に頭をおさえられた格好となっている。石油輸出国機構(OPEC)の加盟国、非加盟国よる減産進展などが下支えとなっていたが、減産継続に対する懐疑的な見方が台頭。積極的には手掛けにくい状況となっている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均