市場ニュース

戻る
2017年03月02日10時07分

【市況】10時06分時点の日経平均は前日比194.46円高、三菱UFJなどメガバンクが買い優勢

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時06分時点の日経平均は前日比194.46円高の19588.00円で推移している。ここまでの高値は9時16分の19668.01円、安値は10時6分の19588.00円。東証一部の売買代金は8300億円ほどと商いは前日比で増加している。買戻しが一巡した後も、大型株を中心に投資資金が流入している様子。一方、マザーズ指数は日経平均よりも上げ幅こそ小さいが、前日比+0.5%としっかりとした推移。

TOPIOXコア30銘柄では、日立<6501>、パナソニック<6752>、デンソー<6902>、ホンダ<7267>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、三井不<8801>が買い優勢となっている。一方、JT<2914>、NTTドコモ<9437>の2銘柄のみマイナス圏で推移。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均