市場ニュース

戻る
2017年02月27日20時00分

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月27日発表分)

ディディエス <日足> 「株探」多機能チャートより

 【好材料】  ――――――――――――

■中電工 <1941>
発行済み株式数の10.75%にあたる700万株の自社株を消却する。消却予定日は3月24日。

■アドウェイズ <2489> [東証M]
発行済み株式数(自社株を除く)の4.96%にあたる201万9800株(金額で10億1999万9000円)を上限に、28日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は27日終値の505円)を実施する

■ダイドーグループホールディングス <2590>
2月国内飲料事業の販売函数は前年同月比0.5%増だった。

■まんだらけ <2652> [東証2]
1月売上高は前年同月比5.4%増と2ヵ月ぶりにプラスに転じた。

■ラクーン <3031>
5-1月期(3Q累計)経常が13%増益で着地・11-1月期も22%増益。

■ドトール・日レスホールディングス <3087>
中国外食大手の小南国社と合弁契約。中国で「ドトールコーヒーショップ」の店舗展開を共同で進めていく。

■クスリのアオキホールディングス <3549>
2月既存店売上高は前年同月比5.2%増と今期に入り9ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ディー・ディー・エス <3782> [東証M]
二要素認証対応版「EVE FA Standalone Edition」を提供開始。指紋認証とWindowsパスワード認証で小規模な導入ニーズを取り込む。

■ジーンテクノサイエンス <4584> [東証M]
順天堂が進めてきた免疫寛容誘導を共同研究開発する契約を結んだ。免疫寛容を活用した新たな免疫抑制治療法の実用化を目指す。

■クレスコ <4674>
政府がIT分野の発展に注力しているベトナムに駐在員事務所を開設。

■ウチダエスコ <4699> [JQ]
上期経常は91%増益で上振れ着地。

■日本冶金工業 <5480>
中国大手鉄鋼メーカーの南京鋼鉄と合弁会社設立に向けた契約を結んだ。中国で高機能材の生産販売体制確立を目指す。

■エイチワン <5989> [東証2]
東証がエイチワンを3月6日付で市場1部に指定替えする。

■インソース <6200> [東証M]
機械学習分野で使用頻度の高いPython言語の基本文法と実践方法を学習する公開講座「Pythonで学ぶ機械学習~回帰分析とディープラーニング」を開発。

■住友重機械工業 <6302>
半導体ウエハーの搬送などに使われる真空ロボットを製造販売する米パーシモン・テクノロジーズの全株式を取得し子会社化する。取得価額は36億円。

■TOWA <6315>
中期経営計画を策定。2020年3月期に営業利益46億円(2017年3月期計画は35億円)を目指す。

■デジタルアイデンティティ <6533> [東証M]
日本フェンシング協会とオフィシャルマーケティングパートナー契約を結んだ。東京五輪に向けてマーケティング活動を支援。

■レーザーテック <6920>
3月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。今期配当を実質増額修正。

■スタンレー電気 <6923>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.48%にあたる80万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月13日から4月21日まで。

■FDK <6955> [東証2]
高エネルギー密度を有する全固体リチウムイオン電池用正極材料を富士通研究所と共同開発。

■大黒屋 <6993> [東証2]
新たな事業として美術品の買取・販売事業を始める。

■図書印刷 <7913>
今期配当を2円増額修正。また、2020年3月期に営業利益12億円(16年3月期実積は3.5億円)を目指す中期経営計画を策定。

■三浦印刷 <7920> [東証2]
大王製紙 <3880> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指す。TOB価格は1株260円で27日終値を32%上回る水準。買い付け期間は2月28日から4月11日まで。

■コマニー <7945> [東証2]
東証が28日付で貸借銘柄に選定。株式流動性の向上による売買活性化が期待される。

■長野銀行 <8521>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.33%にあたる3万株(金額で5973万円)を上限に、28日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は27日終値の1991円)を実施する。

■松井証券 <8628>
AlpacaJapanと提携し、AIを活用したFX向け情報ツールを提供開始。

■小林洋行 <8742>
未定だった今期配当は2.5円実施。

■タカセ <9087> [JQ]
黒字転換をめざし構造改革施策を実施。東京営業所、共同配送事業を廃止するほか、40人程度の希望退職者を募集する。

■ワイヤレスゲート <9419>
熊本モバイルと組み、公衆無線LANサービス「ワイヤレスゲート Wi-Fi」の法人向け販路拡大。

■技研興業 <9764> [東証2]
今期経常を89%上方修正。

■いであ <9768> [東証2]
東証がいであを3月22日付で市場1部に指定替えする。また、4万株の立会外分売を実施する。

■福井コンピュータホールディングス <9790>
建設VRシステム「TREND-CORE VR」を今夏リリース。

■ミニストップ <9946>
17年2月期に投資有価証券売却益11.4億円を特別利益に計上する。

■アイ・テック <9964> [JQ]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.88%にあたる10万株(金額で1億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月28日から4月28日まで。

 【悪材料】  ――――――――――――

■ベステラ <1433> [東証M]
前期経常を一転14%減益に下方修正。

■マサル <1795> [JQ]
今期経常を3%下方修正。

■パレモ <2778> [JQ]
2月既存店売上高は前年同月比0.7%減と5ヵ月ぶりに前年割れとなった。

■東和フードサービス <3329> [JQ]
5-1月期(3Q累計)経常は18%減益で着地。

■エスイー <3423> [JQ]
今期経常を一転9%減益に下方修正、配当も5円減額。

■T&Cメディカルサイエンス <3832> [JQG]
東証が27日付で整理銘柄に指定、3月28日に上場廃止となる。

■WASHハウス <6537> [東証M]
東証と日証金が28日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■ナカヨ <6715>
今期経常を一転50%減益に下方修正、配当も3円減額。

■百五銀行 <8368>
既存株主による561万7000株の売り出しと、オーバーアロットメントによる上限84万2000株の売り出しを実施する。売り出し株数は最大645万9000株で発行済み株式総数の約2.5%に相当する。売出価格は3月7日から13日までの期間に決定される。

■NCS&A <9709> [東証2]
今期経常を38%下方修正。

■ニチイ学館 <9792>
1月介護サービス利用者は前年同月比3.0%減の13万1552人だった。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■ヨシムラ・フード・ホールディングス <2884> [東証M]
今期経常を23%上方修正・最高益予想を上乗せ。東証が3月21日付で市場1部または2部に市場変更する。一方、産業革新機構による83万株の売り出しと、オーバーアロットメントによる上限11万7300株の売り出しを実施する。売り出し株数は最大94万7300株で発行済み株式総数の約21.8%に相当。

※2月27日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2017年2月27日]

株探ニュース

日経平均