市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は続伸、自律反発を意識しつつも、上値追いは慎重/ランチタイムコメント

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

 日経平均は続伸。88.55円高の19339.63円(出来高概算7億3000万株)で前場の取引を終えた。小幅に上昇して始まり、その後は19300円を回復する場面をみせている。20日のNY市場はプレジデンツデーの祝日で休場。シカゴ日経225先物は時間外で横ばい推移。円相場は1ドル113円台前半での推移のなか、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。ただ、昨日の日経平均は25日線や一目均衡表の雲上限といった水準が支持線として意識されており、底堅さがみられていた。売り込みづらい需給状況のなか、自律反発を狙った動きに。
 セクターではパルプ紙、保険、繊維、鉱業、証券、小売、機械、輸送用機器が堅調。一方で情報通信、水産農林が小安い。東証1部の騰落銘柄は、過半数までは行かないものの、値上がり数が上回っている。売買代金上位では、メガバンク3行のほか、東芝<6502>、トヨタ自<7203>、良品計画<7453>、ソニー<6758>、三井物産<8031>が上昇。半面、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、NTT<9432>が小安い。

 日経平均は続伸で5日線を回復してきている。円相場が1ドル113円台半ばとやや円安に振れて推移しているほか、東芝<6502>がプラス圏で推移していることも安心感につながっている。前日に日経平均のけん引役だったソフトバンクG<9984>、ブリヂストン<5108>は利食い優勢ながらも小幅な下げにとどまっており、こちらもセンチメントを明るくさせている。
 想定内の動きではあろうが、日経平均は25日線からのリバウンドで5日線を回復し、一目均衡表では雲上限が支持線として機能する格好でのリバウンドをみせている。遅行スパンについても実線を突破して、上方シグナルを発生させてきている。想定内とはいえ自律反発狙いの動きに向かいやすいところであろう。
 ただし、22日に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表されるため、この内容を受けて、より3月利上げへの思惑が強まる可能性を見極めたいところであるほか、トランプ大統領と議会がどのような政策で景気を刺激するのかが不透明なため、政策待ちとなる。自律反発を意識しつつも、上値追いは慎重だろう。中小型株についてもトレンドが強まりやすい半面、資金の逃げ足の速さが目立つ。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均