市場ニュース

戻る
2017年01月31日09時05分

【市況】東京株式(寄り付き)=米株安と円高を嫌気して続落スタート

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 31日の東京株式市場は売り先行で始まり、寄り付きの日経平均株価は前日比223円安の1万9145円と続落。

 前日の欧米株市場は総じて軟調、米国市場ではNYダウが120ドル超下落したほか、外国為替市場では1ドル=113円後半と円高に振れており、主力株をはじめリスク回避の売りに押されている。米国では大統領令を連発するトランプ大統領が、今度は中東・アフリカなど特定国からの入国を制限する大統領令に署名し、米国内外で混乱を招いており、株式市場でもこれが嫌気されるかたちで売りを誘っている。きょう昼頃には日銀金融政策決定会合の結果が発表されるが、金融政策は現状維持でマーケットは織り込んでおり影響は限定的との見方が支配的だ。

 寄り付き時点で業種別では33業種全面安、値下がりで目立つのは、海運、鉱業、銀行、鉄鋼、非鉄、輸送用機器など。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均