市場ニュース

戻る

【市況】東京株式(寄り付き)=欧米株軟調と円高進行を背景に続落歩調

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 24日の東京株式市場は売り優勢で始まり、寄り付きの日経平均株価は前日比73円安の1万8817円と続落。

 東京市場ではトランプ大統領就任を境にややリスク回避ムードが先行する流れとなっている。前日の欧米株市場は総じて軟調に推移、米国市場ではNYダウ、ナスダック指数ともに後半戻り足となったもののマイナス圏で引けた。また、外国為替市場では1ドル=112円台後半の推移と円高傾向にあることで、これを嫌気するかたちで主力株中心に買いが手控えられている。一方、下値では日銀のETF買いに対する思惑や、3月決算企業の第3四半期決算発表が本格化するなか、好業績銘柄の押し目を拾う動きも予想され、売り一巡後は下げ渋る可能性もある。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、9業種前後が高い。値上がり上位に卸売、石油、食料品、医薬品など。半面、値下がりで目立つのは保険、電力ガス、その他金融、銀行、輸送用機器など。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均