市場ニュース

戻る

【材料】日鋳造が続落、17年3月期営業損益を営業黒字から赤字に下方修正

日鋳造 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本鋳造<5609>が続落。前週末20日取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表し、売上高を100億円から95億円(前期比14.4%減)へ、営業損益を1億5000万円の黒字から3億5000万円の赤字(前期2億1300万円の黒字)へ下方修正したことが嫌気されている。

 大型鉱山機械用の鋳鋼品および油井管圧延用鋳鋼品をはじめとする鋳鋼・鋳鉄品全般で受注および売り上げの回復が遅れていることが要因。さらに、利益面で品質対策などの一過性の費用が発生していることに加え、長期滞留棚卸資産の評価損も響くとしている。

 あわせて発表した第3四半期累計の連結決算は売上高68億4000万円(前年同期比14.8%減)、営業損益1億8200万円の赤字(前年同期4300万円の黒字)、最終損益1億3200万円の赤字(同2500万円の黒字)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均