市場ニュース

戻る
2017年01月20日17時46分

【市況】来週の株式相場見通し=大統領就任式通過で売り圧迫解消、4~12月期決算に関心

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 来週(23~27日)の東京株式市場は、日本時間21日未明に実施される米大統領就任式でのトランプ氏の発言内容や、これに対する米国民の反応に左右される可能性がある。投資家の関心は、選挙期間中にトランプ氏が表明していた大幅減税やインフラ投資積極化など具体的な経済政策にどの程度言及するかに集まっている。ただ、イベント通過に伴って売り圧迫要因が解消される面もあり、買い優勢となりそうだ。来週の日経平均株価の想定レンジは1万8900~1万9500円とする。

 市場関係者からは「米大統領への就任で、トランプラリーは第2ステージを迎える。今後は地に足がついた政策の積み重ねを評価する段階に移る。日本は来週から17年3月期第3四半期累計(4~12月)の決算発表が本格化することから、昨年11月以降の急速な円安・ドル高進行に伴う企業業績の上振れに関心が集中することになりそうだ」との見方が出ていた。

 日程面では、11月の全産業活動指数(23日)、H-2ロケット32号機によるXバンド防衛通信衛星2号機打上げ(24日)、12月の貿易統計(25日)、12月の企業向けサービス価格指数(26日)、12月の消費者物価指数(27日)に注目。

 海外では、米12月の中古住宅販売件数(24日)、独1月のIfo景況指数(25日)、英10~12月期のGDP、米12月の新築住宅販売件数(26日)、米10~12月期GDP、米12月の耐久財受注(27日)、中国春節休み(27日~2月2日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均