市場ニュース

戻る
2017年01月19日18時01分

【通貨】明日の為替相場見通し=米大統領就任式を控え様子見姿勢も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、米大統領就任式を前に様子見姿勢を強める可能性がありそうだ。予想レンジは1ドル=114円50~115円50銭。

 この日は、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長のタカ派的な発言を背景に、急激なドル高・円安が進行。欧州時間に115円目前まで値を上げた。今晩は欧州中央銀行(ECB)理事会、米12月住宅着工件数、米1月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数など注目のイベントや経済指標の発表がある。その結果次第だが、いったん材料を織り込んだ後は、大統領就任式を睨み様子見姿勢を強めそうだ。ドル円は115円前後からはどこまで戻り売りをこなし上値を試せるかがポイントになりそうだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均