市場ニュース

戻る
2017年01月17日16時26分

【特集】Pウォーター Research Memo(7):新規顧客獲得好調につき通期は赤字決算、先行投資の位置付け

プレミアムW <日足> 「株探」多機能チャートより

■業績動向

(2) 2017年3月期通期の業績見込み

プレミアムウォーターホールディングス<2588>の2017年3月期は、売上高20,000百万円(前期比53.1%増)、営業損失500百万円(前期比535百万円減)、経常損失650百万円(前期比627百万円減)、親会社株主に帰属する当期純損失900百万円(前期比905百万円の損失増)の見込みである。売上高の増加幅が大きいが、同社の事業特性はストックビジネスのため予想精度が高く、単純な経営統合による2社売上高の足し算だけでなく、足元の新規顧客獲得ペースが上がっていることを加味すると予想数字の現実味が増す。2017年3月末の保有顧客数予想は44万人となっているが、12月末の実績で既に44.2万人と期末の保有顧客数予想を超えており順調さがうかがえる。今期は戦略上先行投資期間であるため、販管費を使って新規獲得ペースを上げるため、営業利益は赤字を予想する。経営統合した第1四半期時の通期予想から300百万円上方修正されているのは、第2四半期の段階で営業利益が488百万円上振れて着地した影響である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均