市場ニュース

戻る
2017年01月09日11時00分

【注目】明日注目すべき【好決算】銘柄 フロイント、エムビーエス、和田興産 (6日大引け後 発表分)

フロイント <日足> 「株探」多機能チャートより

 6日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 フロイント <6312> [JQ]  ★3-11月期(3Q累計)経常は90%増益、今期配当を5円増額
 ◆17年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比89.5%増の14.8億円に拡大して着地。後発医薬品メーカー向けに造粒・コーティング装置や医薬品添加剤の販売が好調だったことが寄与。なお、直近3ヵ月である9-11月期(3Q)の同利益は全四半期ベースでの最高益を達成した。
  併せて、上場20周年記念配当5円を上積みする形で、期末一括配当を従来計画の15円→20円に増額修正した。

 エムビーエス <1401> [東証M]  ★上期経常を最高益に69%上方修正
 ◆17年5月期上期(6-11月)の経常利益(非連結)を従来予想の9900万円→1億6700万円に68.7%上方修正。増益率が1.0%増→70.4%増に拡大し、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。大型施工物件の工事が順調に進み、売上が計画を18.5%も上回ったことが寄与。コスト削減や採算重視の受注なども利益上振れに貢献した。

 和田興産 <8931> [JQ]  ★3-11月期(3Q累計)経常は14倍増益・通期計画を超過
 ◆17年2月期第3四半期累計(3-11月)の経常利益(非連結)は前年同期比14倍の25.7億円に急拡大して着地。住宅ローン金利の低下を背景に、主力のマンションの販売が大きく伸びたことが寄与。通期計画の20.5億円を既に25.5%も上回っており、通期業績の上振れが期待される。

株探ニュース

日経平均