市場ニュース

戻る
2016年11月29日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:いったん+1σを試す可能性も


続落。5日線を挟んでの推移となり、狭いレンジでのこう着に。ただし、売り込みづらい状況のなか、本日も陽線を形成している。一目均衡表では転換線が支持線として意識されている。週足形状では雲を上放れての推移が続いている。MACDは陽転シグナルが継続しているが、やや下向きで推移してきており、シグナルとの乖離が縮小している。パラボリックはSAR値が17900円を上回ってきているが、それでも実線との乖離は大きく、陽転シグナルは継続。ボリンジャーバンドは引き続き+1σと+2σとのレンジで推移。ただ、+1σに接近してきているため、いったんは+1σにタッチしてくる可能性はありそうだ。+2σは18600円を超えてきており、過熱感は後退している。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均