市場ニュース

戻る
2016年11月14日11時01分

【経済】(中国)上海総合指数は小幅反落でスタート、人民元安が重しに

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

14日の上海総合指数は小幅反落でスタート。前日比-0.26%の3187.709ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時55分現在、+0.01%高の3196.511ptで推移している。資金流入期待が支援材料となっている一方、人民元の基準値が対ドルで6.8291元と09年9月9日以来の安値水準となったことが重しとなっている。為替市場では、トランプ・ラリーが継続しておりドル買いの展開に。米中関係を警戒する声も聞かれるなど積極的な買いは手控えられている様子。
《MT》

 提供:フィスコ

日経平均