市場ニュース

戻る
2016年10月31日15時43分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民進・あべともこ氏 :東電福一の事故処理にかかる費用も賠償費用もさらに上ぶれ


民進・あべともこ氏は「原発安いか高いか、経産省はこれだけ国民に無心しておいて、まだ安いと言う。東電福一の事故処理にかかる費用も賠償費用もさらに上ぶれして、後七兆円追加とか。表の会議も結果だけ公表、実はこそこそと裏で秘密の会議、負担は国民、では到底納得できない。まず全ての会議は公開に。情報公開不可欠。」とツイート(10/31)

東京電力福島第1原発事故の処理費用や実際には誰が負担しているのか、この点については様々な点で調査が進められている。処理費用の総額は12兆円を超えるとの試算もあるがその多くは電気料金や税金で賄われる計画になっている。原発事故の被害者でもある一般国民の負担は長期間に及び、総額でどの程度になるのか見えにくい。数十年続くとみられる事故処理で国民(家計)への影響をできる限り、明らかにすることが最低限必要だろう。国民経済を長期間圧迫する要因になることは間違いない。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均