市場ニュース

戻る
2016年10月19日10時23分

【経済】中国:高さ7米の世界最大・空気清浄機、北京市で試運転スタート


“世界最大の能力を擁する”と謳われる空気清浄機が19日、北京市内で試験運転に入った。環境保護部傘下の中国環境新聞工作者協会が主導し、有害スモッグの浄化を進めるキャンペーンを展開する。オランダのダーン・ローズガールデ氏らに外観のデザインを依頼。近く対外公開される運びという。複数の中国メディアが19日までに伝えた。
大気汚染防止の啓もう活動を進める目的で導入、運用される。高さ約7メートルのタワー型で、1時間当たりの浄化能力は3万立方メートル(50メートルプール約27杯分)。クリーンエネルギーを動力として、PM2.5とPM10を少なくとも75%取り除くと同時に、汚染のない空気を全方向に向けて放出する。全国各地で公開される予定だ。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均