市場ニュース

戻る
2016年08月23日17時55分

【為替】明日の為替相場見通し=100円台の維持が焦点

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、100円台の維持が焦点となりそうだ。予想レンジは1ドル=99円50~100円80銭。

 この日は午後1時過ぎに100円30銭台まで上昇したが、その後、ドル売り・円買いが優勢となり、欧州時間に入ってからは一時99円94銭をつけ100円ラインを割り込んだ。週末のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長によるジャクソンホールでの講演を前に、やや様子見姿勢が強まっている。ただ、そのなかでも上値では戻り売り圧力が強く、再度、100円ラインの攻防となっている。100円割れの水準では値ごろ感からの買いが見込めるものの、依然、上値は重そうだ。今晩は米7月新築住宅販売件数の発表などが予定されているが、あすにかけて100円を巡る一進一退が予想される。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均