市場ニュース

戻る
2016年08月18日17時49分

【市況】明日の株式相場見通し=円高進行警戒し続落、25日線割れで懸念も

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 あす(19日)の東京株式市場は、きょうの日経平均株価の大幅反落で投資家心理が弱気に傾いていることに加え、外国為替市場で円相場が、円高・ドル安傾向を強めていることから、売り優勢の推移となりそうだ。

 最近の相場では、日銀による上場投資信託(ETF)買い入れを巡って、思惑的な売買が活発化する傾向が強まっており、買い入れ期待が不発に終わると、株価指数先物主導で一段安となるケースが多い。

 市場関係者からは「日経平均株価は18日終値で、8月3日以来約2週間ぶりに25日移動平均線(1万6562円=18日)を下回ってきた。今後短期間に切り返して25日線を奪回しないと、調整色が強まる懸念もある」との見方が出ていた。

 18日の東京株式市場は、外国為替市場で一時、1ドル=99円台半ばへと円高・ドル安が急速に進んだことを受け、主力株をはじめ広範囲に売り込まれる展開となった。日経平均株価終値は、前日比259円63銭安の1万6486円01銭と大幅反落した。

 日程面では、6月の全産業活動指数、7月の全国百貨店売上高に注目。海外では、韓国サムスン電子が新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」を発売が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均