市場ニュース

戻る
2016年08月12日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 森永製菓、そーせい、豆蔵HD (10日大引け後 発表分)

森永 <日足> 「株探」多機能チャートより

※決算発表の集中期間(7月25日~8月12日)は、『決算特報』を毎日3本配信する予定です。

 1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信
 2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信
 3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信
ご注目ください。なお、配信時間は多少前後します。


 10日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 森永製菓 <2201>   ★今期経常を一転23%増益・最高益に上方修正
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比80.5%増の55.5億円に拡大して着地。機能性ゼリー飲料の販売が大きく伸びたほか、アイスや菓子の主力ブランドも好調だった。円高による仕入コストの低減に加え、販管費の抑制なども大幅増益に貢献した。
  第1四半期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の120億円→148億円に23.3%上方修正。従来の0.5%減益予想から一転して22.7%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

 UT <2146> [JQ]  ★上期経常を一転27%増益に上方修正
 ◆17年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の8.5億円→13.7億円に61.2%上方修正。従来の21.4%減益予想から一転して26.6%増益見通しとなった。旺盛な求人需要を背景に、製造業派遣、エンジニア派遣がともに伸びることが寄与。熊本地震の影響が限定的だったことも収益上振れに貢献する。
  同時に、4.5%の自社株消却を発表。株主還元を好感する買いが期待される。

 豆蔵HD <3756>   ★4-6月期(1Q)経常は2.3倍増益
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の2.7億円に急拡大して着地。自動車関連向け研究開発支援やシステム基盤構築案件の受注が伸びたことが寄与。不採算案件の減少に加え、原価低減やサービス単価の見直しなども大幅増益に貢献した。

 そーせい <4565> [東証M]  ★4-6月期(1Q)税引き前は黒字浮上で着地
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前損益は135億円の黒字(前年同期は12.6億円の赤字)に浮上して着地。子会社ヘプタレスの新薬候補を製薬大手アラガンに導出したことに伴い、契約一時金を受領したことが寄与。
  通期計画の149億円に対する進捗率は90.7%に達しており、業績上振れが期待される。

 タツモ <6266> [JQ]  ★今期経常を一転35%増益に上方修正、配当も7.5円増額
 ◆16年12月期の連結経常利益を従来予想の6.9億円→12.7億円に85.1%上方修正。従来の27.2%減益予想から一転して34.8%増益見通しとなった。半導体製造装置や液晶カラーフィルター製造装置におけるコスト削減に加え、好採算のメンテナンスや装置改造の売上増加が利益を押し上げる。
  業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の7.5円→15円(前期は5円)に大幅増額修正した。

 コロムビア <6791>   ★上期経常を一転91%増益に上方修正、通期も増額
 ◆17年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の300万円→7.9億円に263倍上方修正。従来の99.3%減益予想から一転して91.3%増益見通しとなった。ニンテンドー3DSソフト「すみっコぐらし」の販売が想定より大きく伸びることが寄与。アニメ関連で予定していなかった声優の大型作品を追加発売したことも上振れに貢献する。
  上期業績の上振れに伴い、通期の同利益を従来予想の2.8億円→10.8億円に3.9倍上方修正。減益率が76.9%減→11.0%減に縮小する見通しとなった。

株探ニュース

日経平均