市場ニュース

戻る
2016年08月09日08時05分

【材料】KIMOTO---今期は赤字解消を計画、2019年3月期に営業利益18億円を目指す。

KIMOTO <日足> 「株探」多機能チャートより

KIMOTO<7908>はタッチパネル用ハードコートフィルムの国内最大手。液晶バックライト用フィルムも手掛ける。表面加工技術のほか、画像処理技術にも強みがあり、地理情報データ作成サービスなどの画像処理事業も展開している。

2017年3月期は売上高が前期比3.9%増の162.00億円、営業利益がゼロ(前期は5.08億円の赤字)を見込む。ハードコートフィルムはFPD用途向けの需要拡大を想定。高付加価値品を中心に生産体制を強化し、利益率の改善を図る計画だ。また、日米に所在する3つの工場の連携を深め、原材料調達コストや為替変動リスクの低減も進める方針である。

同社は5月16日に3カ年の中期経営計画を公表。計画最終年度の2019年3月期に売上高210.00億円、営業利益18.00億円を目指す。達成に向けては、付加価値のあるフィルム製品の開発やIoT技術による生産性の向上を推進。デジタルデータの加工技術を用いた画像処理事業の世界展開や、製造業へのコミュニケーションコンサルティング事業の強化などにも取り組む方針だ。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均