市場ニュース

戻る
2016年07月21日20時13分

【注目】★本日の【イチオシ決算】 日新電、サイバー、BEENOS (7月21日)

日新電 <日足> 「株探」多機能チャートより

1)本日(7月21日)引け後に発表された決算・業績修正

 ● イチオシ決算

【日新電 <6641> 】 ★4-6月期(1Q)経常は499倍増益で着地
 ◆17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比499倍の24.9億円に急拡大して着地。利益率の高い薄型ディスプレー製造用イオン注入装置の販売が大きく伸びたことが寄与。原価低減に取り組んだことも大幅増益に貢献した。
  上期計画の25億円に対する進捗率は99.8%に達しており、業績上振れが期待される。

 ● サプライズな決算発表・業績修正

 BEENOS <3328> [東証M]  ★10-6月期(3Q累計)経常は12%増益・通期計画を超過
 ◆16年9月期第3四半期累計(15年10月-16年6月)の連結経常利益は前年同期比12.5%増の11.6億円に伸びて着地。積極的な広告宣伝が奏功し、ブランド中古品買取販売サイトの利用者、買取件数がともに増加したバリューコマース部門の収益が急拡大したことが寄与。
  通期計画の9.5億円を既に22.3%も上回っており、通期上振れが期待される。

 レッグス <4286>   ★上期経常を一転22%増益・最高益に上方修正
 ◆16年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の2.7億円→3.9億円に44.7%上方修正。従来の15.6%減益予想から一転して22.1%増益を見込み、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。アミューズメントや飲料向け販売促進関連の受注が伸び、売上が計画を上回ったことが利益を押し上げた。

 サイバーエージェント <4751>   ★今期経常を一転5%増益・最高益に上方修正
 ◆16年9月期の連結経常利益を従来予想の274億円→340億円に24.1%上方修正。従来の15.2%減益予想から一転して5.2%増益を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。スマートフォン向けゲームのヒットタイトルが増加し、課金収入が想定より伸びることが寄与。インターネット広告もスマホ向けが好調に推移している。
  同時に、9月末割当で1→2の株式分割を実施すると発表。流動性の向上や投資家層の拡大を好感する買いも期待される。

2)7月22日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■取引時間中の発表(予定)
  ◆本決算:
   <2772> ゲンキー
  ◆第1四半期決算:
   <5204> 石塚硝
   <8566> リコーリース
  ◆第2四半期決算:
   <3912> モバファク [東M]

 ■引け後発表(予定)
  ◆第1四半期決算:
   <2656> ベクター [JQ]
   <3250> ADワークス
   <4291> JIEC [東2]
   <4765> Mスター [JQ]
   <4929> アジュバン
   <4973> 日本高純度
   <5423> 東京製鉄       ★
   <6594> 日電産        ★
   <6755> 富士通ゼ
   <8595> JAFCO
  ◆第2四半期決算:
   <6295> 富士変速 [名2]
   <7422> 東邦レマック [JQ]
  ◆第3四半期決算:
   <3688> ボヤージュ
  合計 17社


 ※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

日経平均