市場ニュース

戻る
2016年07月21日12時47分

【市況】日経平均は194円高で後場スタート、1ドル107円台15銭辺りで若干円高推移、任天堂は引き続き堅調/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16876.83 (+194.94)
TOPIX  : 1342.58 (+11.83)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干上げ幅を広げて始まっている。ランチタイムの225先物は16830-16870円レベルでのもち合い。昼のバスケットは小幅に買い越しとの観測だった。円相場は1ドル107円台15銭辺りと、若干円高に振れて推移している。

 セクターでは鉱業、証券、保険、輸送用機器、機械、海運、非鉄金属、その他製品が上昇。半面、陸運、医薬品、情報通信、水産農林が小安く推移。売買代金トップの任天堂<7974>は引き続き堅調。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均