市場ニュース

戻る
2016年07月15日18時41分

【市況】15日の日本国債市場概況:債券先物は一時153円割れに


<円債市場>
長期国債先物2016年9月限
寄付153円45銭 高値153円50銭 安値152円99銭 引け153円10銭
売買高総計37231枚

2年 366回 -0.335%
5年 128回 -0.315%
10年343回 -0.230%
20年157回 0.135%

債券先物9月限は、153円45銭で取引を開始し、153円50銭を高値に、株高の継続を受けて売りが優勢になり、一時152円99銭まで下落した。現物債の取引では、10年以降の年限の気配が弱く、なかでも20年で売りが目立った。

<米国債概況>
2年債は0.67%、10年債は1.53%、30年債は2.25%近辺で推移。
債券利回りは横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.03%、英国債は0.81%、オーストラリア10年債は1.97%、NZ10年債は2.32%で推移。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・6月小売売上高(前月比予想:+0.1%、5月:+0.5%)
・21:30 米・6月消費者物価指数(前年比予想:+1.1%、5月:+1.0%)
・21:30 米・7月NY連銀製造業景気指数(予想:5.00、6月:6.01)
・22:15 米・6月鉱工業生産(前月比予想:+0.3%、5月:-0.4%)
・22:15 米・6月設備稼働率(予想:75.1%、5月:74.9%)
・23:00 米・5月企業在庫(前月比予想:+0.1%、4月:+0.1%)
・23:00 米・7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:93.5、6月:93.5)
・02:00 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演(金融政策)
・02:15 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁が会合出席

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均