市場ニュース

戻る
2016年07月08日12時50分

【市況】日経平均は51円安で後場スタート、任天堂の強い値動きもあり、その他金融が上昇率トップ/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 15224.25 (-51.99)
TOPIX  : 1219.47 (-6.62)

[後場寄り付き概況]
 日経平均は前引け値の水準を上回って始まったが、その後は下げ幅を拡大しており、15200円を割り込んできている。ランチタイムの225先物は15180-15220円のボトム圏で推移していたが、現物の後場寄り付き時には15160円と下げ幅を広げている。

 セクターでは任天堂<7974>の強い値動きもあって、その他金融が上昇率トップ。輸送用機器、ゴム製品が小じっかり。一方で、不動産が下落率トップ。鉱業、電力ガス、保険、ガラス土石、銀行、小売が冴えない。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均