市場ニュース

戻る
2016年07月08日11時27分

【市況】国内大手証券、日経平均株価が底打ちする2つの「底打ちサイン」

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 日経平均株価がマイナス転換。ただ、心理的節目となる1万5000円割れは回避している。テクニカル分析から、今後の相場予想を分析すると2つの「底打ちサイン」があるという。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券がリリースしたエリオット波動分析リポートでは、1)注目の日柄7月~9月に安値1万3885円近辺まで下落してから底打ちをするパターン、2)ダイアゴナル・トライアングルの上辺(現在1万5910円)を抜くと、底入れの最初のサイン、と解説している。
《MK》

株探ニュース



日経平均