市場ニュース

戻る
2016年06月30日16時56分

【市況】マザーズ指数は4日続伸、SOSEIが急伸し1000pt台回復/マザーズ市況

そーせい <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場では、指数寄与度の大きいSOSEI<4565>がリリースを受けて急伸し、マザーズ指数は節目の1000ptを回復した。前日までの中小型株物色の流れも継続し、個別材料株のほか出遅れ感の強まっていた銘柄などに買いが向かった。しかし、資金の逃げ足の速さから値動きの荒い銘柄も目立った。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で1737.50億円。騰落数は、値上がり130銘柄、値下がり95銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、SOSEIがマザーズ売買代金トップで9%の上昇。英子会社による新たな提携を発表している。また、売買代金2位で直近IPO銘柄の農業総合研究所<3541>はストップ高で取引を終えた。政策関連のテーマ株と位置付けられているようだ。サービス連携を発表したALBERT<3906>もストップ高で、キャリア<6198>、オンコリスバイ<4588>、インベスターズクラウ<1435>などは10%を超える大幅高となった。その他、モルフォ<3653>、JIG?SAW<3914>、サイバーダイン<7779>などが上昇した。一方、アキュセラ<4589>、エボラブルアジア<6191>、Hamee<3134>、sMedio<3913>、VEGA<3542>などが軟調。また、前日に決算発表した直近IPO銘柄のストライク<6196>や、グローバルW<3936>、AWS?HD<3937>がマザーズ下落率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均