市場ニュース

戻る
2016年06月29日08時17分

【市況】強弱感が対立しやすい水準/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]
 28日のNY市場は上昇。英国の欧州連合(EU)離脱による懸念が一服し、欧州株が全面高となった流れを受けて買いが先行。原油相場の上昇に加えて1-3月期GDP確定値が上方修正されたことも材料視された。ダウ平均は269.48ドル高の17409.72、ナスダックは97.42ポイント高の4691.87。シカゴ日経225先物清算値は大阪比255円高の15555円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から、ギャップアップで始まろう。その後は5日線に上値を抑えられる格好で強弱感が対立しやすいだろう。ボリンジャーバンドでは-1σレベル、一目均衡表では転換線辺りでの攻防といったところ。
 価格帯別出来高では15300円辺りがやや積み上がっているため、15300-15500円処での攻防は想定内。この水準を明確に突破してくると、16500円辺りまでは商いが薄いため、リバウンド余地が拡大する。一方で下も薄く、15000円を支持線として踏ん張れないと14500円、14000円辺りが意識されてくる状況は変わらず。15300-15600円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 15600円-下限 15300円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均