市場ニュース

戻る
2016年06月29日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 ピックルス、パレモ、ライトオン (28日大引け後 発表分)

ピックルス <日足> 「株探」多機能チャートより
 28日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ピックルス <2925> [JQ]  ★3-5月期(1Q)経常は85%増益で着地
 ◆17年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比84.9%増の5億円に拡大して着地。3月に買収した「牛角」ブランドのチルド製品を展開するフードレーベル社の業績上積みや主力キムチ製品の販売好調で、21.4%の大幅増収を達成したことが寄与。前期に高騰した白菜などの原料野菜の価格が安定したことで採算も大きく改善した。
  上期計画の8.4億円に対する進捗率は59.3%に達しており、業績上振れが期待される。

 パレモ <2778> [JQ]  ★3-5月期(1Q)経常は2.6倍増益で着地
 ◆17年2月期第1四半期(3-5月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.6倍の3.5億円に急拡大して着地。好天に恵まれたことなどで客数が伸び、既存店売上高が前年同期を上回ったことが寄与。在庫管理の徹底や不採算店舗の閉店を進めたことも大幅増益に貢献した。
  上期計画の3.7億円に対する進捗率は95.2%に達しており、業績上振れが期待される。

 ライトオン <7445>   ★9-5月期(3Q累計)経常は61%増益・通期計画を超過
 ◆16年8月期第3四半期累計(15年9月-16年5月)の経常利益(非連結)は前年同期比61.1%増の44.8億円に拡大して着地。季節商品の販売が好調だったほか、テレビCM効果でプライベートブランド商品も伸びたことで、13.0%の大幅増収を達成したことが寄与。販管費の抑制なども利益拡大に貢献した。
  通期計画の36.5億円を既に22.9%も上回っており、通期上振れが期待される。

株探ニュース

日経平均