市場ニュース

戻る
2016年06月22日16時43分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 4日ぶりに反落、利益確定売り優勢も下値は先物買いで限定的 (6月22日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16095.81
高値  16160.99(13:35)
安値  15980.65(11:21)
大引け 16065.72(前日比 -103.39 、 -0.64% )

売買高  16億1566万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆7038億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は4日ぶりに反落、一時1万6000円割れ
 2.利益確定売りが優勢も、下値は先物買いで限定的
 3.電力・ガス、鉄鋼株が大きく売られた
 4.通信など内需株の一角は底堅い
 5.英国民投票を控え様子見強く薄商い続く

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは24ドル高と続伸。イエレンFRB議長の議会証言が好感されたほか、英EU離脱リスクがやや薄らいだことも下支えとなった。

 東京市場では、前日までの上昇の反動から利益確定売りが優勢となった。日経平均株価は一時1万6000円台を割り込む場面もあった。

 22日の東京市場は薄商いのなか、売りに押される展開を強いられた。前日の欧米株市場は総じて堅調だったが、米国株市場ではNYダウ、ナスダック指数ともに上値が重く、英国EU離脱の是非を問う国民投票を23日に控えてリスク回避ムードも根強い。日経平均は前週16日に急落した反動とはいえ、前日までの3営業日で730円強の上昇をみせていた。目先は上昇一服感からの利益確定の動きが株価を押し下げた。1万6000円台を割り込む場面もあったが、大台近辺では先物への買いが観測され、後場後半は下げ渋った。市場エネルギー不足は顕著で、売買代金は前日をさらに下回り、6月に入ってからは最低となった。

 個別では、ソニー<6758>が軟調、ブイ・テクノロジー<7717>、ファナック<6954>も売りに押された。三井住友フィナンシャルグループ<8316>などメガバンクも冴えない。ジャパンディスプレイ<6740>が商いを大きく膨らませて急落したほか、東京ガス<9531>、日立金属<5486>などの下げも目立った。
 半面、ニケシュ・アローラ副社長の衝撃的な退任が発表されたソフトバンクグループ<9984>は逆行高。スズキ<7269>が上昇、ファミリーマート<8028>も買いを集めた。フォーカスシステムズ<4662>がストップ高に買われ、投資ファンド・エフィッシモの大量保有が開示された東京鉄鋼<5445>も一時ストップ高まで買われた。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、KDDI <9433> 、アステラス <4503> 、スズキ <7269> 、ユニーGHD <8270> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約38円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、日東電 <6988> 、ホンダ <7267> 、京セラ <6971> 。押し下げ効果は約47円。

 東証33業種のうち上昇は、情報・通信業、鉱業の2業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)食料品、(2)小売業、(3)医薬品、(4)その他金融業、(5)金属製品。一方、下落率の大きかった5業種は(1)電気・ガス業、(2)鉄鋼、(3)海運業、(4)不動産業、(5)非鉄金属。

■個別材料株

△エイチーム <3662>
 子会社が仮想現実(VR)で結婚式場向けのサービスを開始。
△gumi <3903>
 繰越損失の全額を解消。
△フォーカス <4662>
 UBICらと医療事業へのAI活用。
△東京鉄 <5445>
 投資ファンドのエフィッシモが同社株5.5%取得。
△GMOテック <6026> [東証M]
 訪日客向け広告マーケティングサービス開始。
△フリークアウ <6094> [東証M]
 JPモルガン・アセットが大量保有。
△インスペック <6656> [東証M]
 ハイエンドAOIで成長シナリオ。
△リロHLD <8876>
 SMBC日興証が目標株価を「1万4800円→1万9000円」に増額。
△ソフトバンク <9984>
 アローラ副社長退任も孫社長の続投で今後に期待。

▲USEN <4842> [JQ]
 「9-5月営業益は2%減」と報道。
▲デクセリ <4980>
 三菱UFJ証が目標株価を「1500円→1000円」に引き下げ。
▲Jディスプレ <6740>
 アップル依存度の高まりを嫌気。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)フォーカス <4662> 、(2)東京鉄 <5445> 、(3)ランド <8918> 、(4)エイチーム <3662> 、(5)レーザーテク <6920> 、(6)ファミリーM <8028> 、(7)巴川紙 <3878> 、(8)VTHD <7593> 、(9)ユニーGHD <8270> 、(10)日製鋼 <5631> 。

 値下がり率上位10傑は(1)オプトHD <2389> 、(2)Jディスプレ <6740> 、(3)日電子 <6951> 、(4)ミツバ <7280> 、(5)ジェイエイシ <2124> 、(6)Fエスコ <9514> 、(7)Nフィールド <6077> 、(8)アネスト岩田 <6381> 、(9)ヒトコム <3654> 、(10)鴻池運輸 <9025> 。


【大引け】

 日経平均は前日比103.39円(0.64%)安の1万6065.72円。TOPIXは前日比9.29(0.72%)安の1284.61。出来高は概算で16億1566万株。値上がり銘柄数は411、値下がり銘柄数は1433となった。日経ジャスダック平均は2438.41円(21.65円安)。

[2016年6月22日]

株探ニュース

日経平均