市場ニュース

戻る
2016年06月14日15時13分

【市況】国内大手証券、小売の注目サブセクターはドラッグストア、注目株はツルハ、サンドラッグ、ドンキ、イズミ、丸井

ツルハHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 みずほ証券の小売セクターのリポートでは、消費環境の改善を期待することは困難とみるも、小売業界全体としての増益確保は十分に可能と指摘。6月下旬から本格化する決算発表では、百貨店など一部のサブセクターで従来想定よりも業績が伸び悩み、一部企業で先行投資負担が営業利益の押し下げ要因となる可能性があるものの、全体としては当初想定線での推移を予想。

 サブセクターでは、外部環境の変化に左右され難く、単価下落の可能性も低いドラッグストアに注目。個別では、ドラッグストアのツルハホールディングス<3391>やサンドラッグ<9989>、地方での競争環境緩和などの恩恵を受ける可能性が高いドンキホーテホールディングス<7532>やイズミ<8273>、構造改革効果が期待される丸井グループ<8252>などに注目している。
《MK》

株探ニュース

日経平均