市場ニュース

戻る
2016年02月22日22時57分

【材料】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株マニア氏:円高が止まらない

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株マニア氏(ブログ「株マニア~素人の投資生活実況中継~」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年2月20日17時に執筆

先週(2月15日週)の日経平均株価は、15日(月)に急騰したものの、その後は乱高下を繰り返して結局はその月曜日の終値16000円付近で終わりました。

一方、為替は株価の急騰にあわせてドル円が一時114円後半まで円安が進むものの、その後円高に転じて週末は、112円半ばまで上昇しました。

最近の為替の動きを見ているとアメリカの利上げの思惑から動くことが多いようで、そのためなのか利上げが進まないという動きになるとアメリカの株は上昇しても円高になるので日本の株が下落する。また、逆に利上げするのではという動きになってもアメリカの株が下がるので円高が進み日本株が下がる。

そんな感じで何が起こっても円高株安が進むような気がして、私も見ていてフラストレーションが溜まる日が続いています。

ただ、株価の乱高下も少しずつ収まってきていますし、小型株を中心に業績が良い銘柄や原油安やアメリカ利上げ、中国不安などの影響を受けにくい銘柄を中心に全体は下げていても戻している銘柄も見られるので、少しずつ反発する環境は整いつつあるのではないかと私は感じています。

ですので、今週は本格的に戻す兆しが見られるかがひとつのポイントになると思うのですが、そういう点から円高の解消が重要になってきます。

ちなみに最近は、原油安に中国不安、ドイツ銀行にイギリスのユーロ圏離脱。そしてアメリカ利上げなどなど外部環境が目まぐるしく変化していて、私自身もニュースは見るようにはしているものの、すべてを把握するのは大変です。

なので、私はドル円の動きだけを常に見るようにしていて、動きがあった場合はその原因をニュース等で確認する。そして今後の予測や検討をしていくようにしています。

今は悪い材料があると円が買われますし、逆に良い材料が出ると円が売られるので為替の動きを見ておけば世界の動きも見ることが出来るのではないかと思っています。

現在は株価も為替も動きが荒くて不安になることも多いですが、ひとつひとつに一喜一憂をせずに、落ち着いて物事を見ていきたいものです。そして今の混乱状態から抜け出すのを待ちたいと思っています 。

----

執筆者名:株マニア
ブログ名:株マニア~素人の投資生活実況中継~

《NO》

 提供:フィスコ

日経平均