市場ニュース

戻る
2016年01月20日18時03分

【為替】あすの為替相場見通し=リスクオフ強まり115円後半の攻防も

 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、116円ラインから115円後半を意識する展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=115円60~117円00銭。この日は、原油価格の下落が続き日経平均株価が急落するなか、リスク回避のドル売り・円買いが活発化。午前中は117円台前半で推移したが、午後に入り下げが加速し、欧州時間に入り116円ラインの攻防となった。

 ドル安・円高への弾みが付いていることから、今晩の欧米株式市場が下落するようなら115円台後半への下げもあり得る情勢だ。ただ、株価や原油価格が反発すれば一転、急速な巻き直しもあり得る。今晩は米国で12月住宅着工戸数、12月消費者物価指数の発表が予定されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均