市場ニュース

戻る
2016年01月13日08時38分

【市況】シカゴさや寄せ後はこう着も、中国政策期待で一段高を期待/オープニングコメント


 13日の日本株市場は買い先行の展開になろう。12日の中国・上海指数は一時3000を割り込む場面もみられたが、その後はプラスに転じるなど下げ止まりの兆しがみえたことや、米国市場では原油先物価格が一時30ドルを割り込んだが、その後落ち着きからNYダウが上昇に転じたことが買い安心感につながる。シカゴ日経225先物清算値は大阪比300円高の17390円と大幅に上昇しており、日経平均はこれにさや寄せする格好からの、ギャップ・アップから始まろう。

 原油先物価格については底入れが見極めづらいところではあるが、節目の30ドルを割ったことで、いったんは買い戻しが意識されやすい。資源関連についても、再編機運なども高まりやすく、ショートカバーを誘いやすいだろう。米株高の流れを受けて、先物主導によるインデックス買いが日経平均を押し上げるほか、円相場が1ドル117円70銭辺りと、前日からやや円安に振れていることもあり、自動車やハイテクなどへの資金流入も意識されやすい。

 また、買い一巡後は中国の動向を見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすい。ただ、中国国務院が金融担当部門の格上げに向けて作業部会を設置したと、事情関係者の話として各メディアが報じている。中国指導者らは市場監督への投資家の信頼回復を目指していると伝えており、好材料視される可能性がありそうだ。

 そのため、買い一巡後にこう着をみせたとしても、中国市場が強い動きをみせてくるようだと、一段高が意識されてくる。年初から下落基調が続いていることから相当積み上がっているショートポジションのカバーに向かわせることになりそうだ。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均