市場ニュース

戻る
2016年01月12日20時00分

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月12日発表分)


 【好材料】  ――――――――――――

■サカタタネ <1377>
上期経常は31%増益で上振れ着地。

■モロゾフ <2217>
今期経常を42%上方修正。

■いちごHD <2337>
鳥取県「米子泉ECO発電所」の発電を開始。年間予測発電量は一般家庭約800世帯分の年間消費電力に相当する。

■アルバイトT <2341> [JQ]
3-11月期(3Q累計)経常が5%増益で着地・9-11月期も29%増益。

■大戸屋HD <2705> [JQ]
12月既存店売上高は前年同月比0.3%増と、2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■キタムラ <2719> [東証2]
12月売上高は前年同月比1.7%増と、2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■三光Mフーズ <2762> [東証2]
フィリピン現地法人のVIA URBINO HOLDINGSと「東京チカラめし」に関するライセンス契約を締結。

■ユーグレナ <2931>
ベンチャーキャピタルファンド「リアルテックファンド」の新たな投資先として、マスタスレーブシステムを搭載した二足歩行人型重機を開発する人機一体に出資を実施した。

■モノタロウ <3064>
12月売上高は前年同月比22.1%増と好調を維持した。

■ジェーソン <3080> [JQ]
3-11月期(3Q累計)経常は48%増益・通期計画を超過。

■大光 <3160> [東証2]
12月全社売上高は9.0%増と、今期に入り7ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ヨシックス <3221> [東証2]
12月既存店売上高は前年同月比6.3%増と、2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■日本管理C <3276>
12月末の管理戸数は前年同月比16.6%増の6万6275戸だった。

■東武住販 <3297> [JQ]
上期経常が94%増益で着地・9-11月期も42%増益。

■ケンコーコム <3325> [東証M]
12月売上高は前年同月比14.0%増と、9ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ヒトコム <3654>
上期経常を13%上方修正・最高益予想を上乗せ。

■オプティム <3694>
NTT都市 <8933> が運営するWi-Fiサービスで人気雑誌読み放題サービス「タブホ」が無料で使える「タブホスポット」を提供開始。今月12日から3ヵ月間、品川シーズンテラスと秋葉原UDXの来館者向けに提供する。

■SRAHD <3817>
主力子会社SRAの12月売上高は前年同月比7.4%増の19.4億円。AITも9.5%増、海外子会社も15.3%増と伸長した。

■SI <3826>
今期経常を43%上方修正・2期ぶり最高益、配当も10円増額。

■アイル <3854> [JQG]
人材派遣会社向けスタッフ管理クラウドシステム「CROSS STAFF(クロススタッフ)」を提供開始。労働者派遣法の改正やマイナンバー制度開始で煩雑化する、人材派遣会社における管理業務の効率化を支援する。

■朝日印刷 <3951> [東証2]
第三者割当による9万株の自己株処分を実施。処分日は1月29日。割当先は小森 <6349> に9万株、処分価格は2090円で調達資金約1.8億円は設備投資資金の一部に充てる。

■レイ <4317> [JQ]
3-11月期(3Q累計)経常は58%増益・通期計画を超過。

■ナノキャリア <4571> [東証M]
最重要な新薬候補であるナノ粒子型抗がん剤「NC-6004ナノプラチン」に関する特許を国内で取得。同特許は「NC-6004」と膵臓がん治療薬「ゲムシタビン」の相乗的な抗がん効果を対象にしたもの。また、細胞内のpH変化に応答して薬物を効果的に放出する機能を備えた「pH応答性ミセル製剤」に関する特許をインドで取得した。

■エイジス <4659> [JQ]
12月売上高は前年同月比17.7%増と、4ヵ月連続で前年実績を上回った。

■リソー教育 <4714>
3-11月期(3Q累計)経常が2.1倍増益で着地・9-11月期も2.1倍増益。

■日本色材 <4920> [JQ]
今期経常を3.5倍上方修正。

■三機サービス <6044> [JQ]
株主優待制度を新設。毎年5月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、一律でクオカード1000円分を贈呈する。

■アクトコール <6064> [東証M]
前期経常を2.6倍上方修正・3期ぶり最高益更新へ。

■小島鉄 <6112> [東証2]
今期経常は黒字浮上、前期配当を6期ぶり2.5円で復配。

■OSG <6136>
今期経常は7%増で3期連続最高益、4円増配へ。

■マルマエ <6264> [東証M]
9-11月期(1Q)経常は3.5倍増益で着地。

■Tホライゾン <6629> [JQ]
子会社グラフインがアジア最大級の自動車先端技術展「オートモーティブワールド2016」に、車載カメラ用超広角レンズに対応した「アクティブ・アライメント6軸調整ユニット AAM-1800」を参考出品する。

■シライ電子 <6658> [JQ]
イルミネーション・サイネージ(電飾看板)向け高耐熱フィルム「SPET-Color」を販売開始。はんだ付け装置の温度に耐えうるPETフィルムの開発に成功した。

■エスペック <6859>
中国子会社の愛斯佩克試験儀器(広東)有限公司に対して増資を行うことを決定した。増資金額は1000万人民元。

■プラザクリエ <7502> [JQ]
12月の売上高は前年同月比5.5%増と3ヵ月連続で前年を上回った。

■コジマ <7513>
9-11月期(1Q)経常は赤字縮小で着地。

■コーナン <7516>
今期経常を12%上方修正。

■日本ライフL <7575>
スイス・オクルテック社製の心房中隔欠損閉鎖器具「Figulla FlexⅡ(フィギュラ・フレックスⅡ)」の薬事承認を取得。2月1日に販売開始する予定。

■ガリバー <7599>
3-11月期(3Q累計)経常が47%増益で着地・9-11月期も48%増益。

■ピープル <7865> [JQ]
未定だった今期配当は39円増配。

■ヴィアHD <7918> [JQ]
12月の売上高は前年同月比24.9%増と9ヵ月連続で前年を上回った。

■ライフコーポ <8194>
3-11月期(3Q累計)経常が22%増益で着地・9-11月期も25%増益。

■リンガハット <8200>
3-11月期(3Q累計)経常が48%増益で着地・9-11月期も14%増益。

■インテリクス <8940> [東証2]
上期経常が3.5倍増益で着地・9-11月期も2.7倍増益。

■東宝 <9602>
今期経常を8%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も5円増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の0.54%にあたる100万株(金額で40億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は1月13日から17年1月12日まで。

■ジャステック <9717>
今期経常は13%増益へ。

 【悪材料】  ――――――――――――

■ホクト <1379>
12月売上高は計画比8.1%減の42.9億円(前年同月は49.2億円)だった。

■イメージワン <2667> [JQ]
東証と日証金が13日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■SHIFT <3697> [東証M]
今期経常を20%下方修正。

■明光ネット <4668>
今期経常を一転21%減益に下方修正。

■ラウンドワン <4680>
12月既存店売上高は前年同月比1.6%減と、今期に入り9ヵ月連続で前年実績を下回った。

■ポーラHD <4927>
業績不振のロシア子会社を解散する。これに伴い、15年12月期に解散に伴う特別損失2.1億円を計上する。一方、税金費用は3.4億円が減少する見込み。

■ユビテック <6662> [JQ]
収益構造の改善をめざし、15人程度の希望退職者の募集する。

■日本インター <6974> [東証2]
12月売上高は前年同月比27.0%減と3ヵ月連続で前年実績を下回った。予算比でも30.7%減だった。

■グラファイト <7847> [JQ]
3-11月期(3Q累計)経常が82%減益で着地・9-11月期も80%減益。

■光村印 <7916>
収益構造の再構築をめざし、50人程度の希望退職者を募集する。

■丸栄 <8245>
今期最終を一転赤字に下方修正。

■M2HD <8728>
12月の営業収益は前年同月比44.3%減の3.8億円だった。

■プレナス <9945>
今期経常を一転12%減益に下方修正、配当も3円減額。

※1月12日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2016年1月12日]

株探ニュース

日経平均