市場ニュース

戻る
2016年01月04日20時00分

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月4日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月4日発表分)

 【好材料】  ――――――――――――

■カワチ薬品 <2664>
12月既存店売上高は前年同月比2.2%増と、8ヵ月連続で前年実績を上回った。

■カルラ <2789> [JQ]
12月既存店売上高は2.0%増と、3ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ALサービス <3085>
12月既存店売上高は前年同月比3.9%増と、3ヵ月連続で前年実績を上回った。

■三越伊勢丹 <3099>
12月国内百貨店事業の売上高は前年同月比1.0%増だった。

■ブックオフ <3313>
12月既存店売上高は前年同月比6.3%増と、9ヵ月連続で前年実績を上回った。

■メディ一光 <3353> [JQ]
16年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比10.1%増の10.5億円に伸びて着地。通期計画の13.1億円に対する進捗率は80.4%に達し、5年平均の74.5%も上回った。

■ツルハHD <3391>
12月既存店売上高は前年同月比3.1%増と、今期に入り7ヵ月連続で前年実績を上回った。

■バルニバービ <3418> [東証M]
1月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

■RVH <6786> [東証2]
16年3月期の連結経常利益を従来予想の12億円→18億円に50.0%上方修正。増益率が2.2倍→3.3倍に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。4日付で買収した美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」の業績上積みが主因。

■多摩川HD <6838> [JQ]
水素電力事業準備室を新設。余剰電力を水素として貯蔵する技術「水素電力貯蔵システム」の調査・検討を行う。

■アドヴァン <7463>
16年3月期の連結経常利益を従来予想の42.5億円→56.6億円(前期は56.5億円)に33.2%上方修正。従来の24.9%減益予想から一転微増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

■前田工繊 <7821>
ジオシンセティックス(土木工事などに使用される高分子材料製品)の製造販売を手掛ける台湾ゴールド・ジョイント・インダストリーと業務提携。

■三井物 <8031>
サウジアラビア電力事業会社らと、オマーン国営電力・水公社から発電事業を受注。同国北部の工業地区に天然ガス焚複合火力発電プラントを建設し、発電プラントの操業・運転および売電を行う。同社は50.1%出資する。総事業費は約2760億円で、19年1月に商業運転を開始する予定。

■松屋 <8237>
12月銀座本店の売上高は前年同月比5.4%増だった。うち銀座店は6.1%増と、9ヵ月連続で前年実績を上回った。

■長野銀 <8521>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.61%にあたる55万株(金額で1億1220万円)を上限に、5日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は4日終値の204円)を実施する。

■トーセイ <8923>
米資産運用大手ブラックストーンの関連するブラックストーン・リアル・エステート・パートナーズから、総額約500億円にのぼる賃貸住宅用不動産のアセットマネジメントを受託。

■太洋物産 <9941> [JQ]
中国子会社の上海太洋栄光商業有限公司が飲食サービスを手掛ける現地企業の吉林省金海湾企業管理有限公司の出資を受けた。出資受け入れ後の上海太洋栄光商業の議決権比率は50%ずつとなる。畜肉品および加工食品などの営業拡大を図る。

 【悪材料】  ――――――――――――

■シベール <2228> [JQ]
12月売上高は前年同月比7.9%減と、3ヵ月連続で前年実績を下回った。

■システクアイ <2345> [東証2]
12月末の時価総額が10億円未満となったため、東証が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定。猶予期間は1日から9月30日まで。

■大東紡 <3202>
12月末の時価総額が20億円未満となったため、東証が指定替えの猶予期間入り銘柄に指定。猶予期間は1日から9月30日まで。

■リボミック <4591> [東証M]
16年3月期の経常損益(非連結)を従来予想の8600万円の赤字→4億5100万円の赤字(前期は1300万円の黒字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。

■ミナトHD <6862> [JQ]
東証と日証金が5日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■ワークマン <7564> [JQ]
12月既存店売上高は前年同月比12.3%減と、6ヵ月ぶりに前年実績を下回った。

■京都友禅 <7615>
12月受注高は8.3%減の10.4億円と、2ヵ月連続で前年実績を下回った。

■フードプラ <7853> [東証2]
12月末の時価総額が10億円未満となったため、東証が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定。猶予期間は1日から9月30日まで。

■サハダイヤ <9898> [JQ]
12月の株価が10円未満となったため、東証が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定。猶予期間は1日から3月31日まで。

※1月4日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2016年1月4日]

日経平均